県中学総合体育大会で自己ベストを目指す西部中陸上部

 県中学総合体育大会に向け、自己ベスト更新を目指し汗を流す鹿島市の西部中陸上部。昨年は、女子総合で4連覇を惜しくも逃し、涙をのみました。今年は男女合わせて20人が出場します。昨年より人数は少ないですが、選手たちの気持ちは一つです。

 顧問の林良孝先生は、自身の経験を通し「努力すれば記録は必ず伸ばせる。今努力することを経験することが今後の人生に必ず役に立つ」と話します。女子キャプテンの谷口ゆいさん(3年)は「3年生のリーダーシップがあり、チーム全体の雰囲気もいい。男子と一緒にやっているのでレベルの高い練習ができる」と、声を掛け合って走り続けています。

 (地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加