日本アンチ・ドーピング機構は19日、昨年11月に行われた全日本実業団対抗女子駅伝で優勝したユニバーサルエンターテインメントの中村萌乃元選手から禁止物質が検出され、1年3カ月の資格停止処分を科したと発表した。個人成績が抹消され、チームの優勝も取り消された。

このエントリーをはてなブックマークに追加