世界選手権への意気込みを述べる奥原希望(中央)=19日午後、東京都港区

 バドミントンの世界選手権(30日~8月5日、中国・南京)に出場する日本代表選手が19日、東京都内で記者会見し、昨年の前回大会でシングルスの日本勢で初めて金メダルを獲得した女子の奥原希望(日本ユニシス)は「昨年の女王とは全く思っていない。自分がどこまで通用するか思い切りやりたい」と挑戦者の気持ちで臨む姿勢を強調した。

 男子シングルスで3年ぶりに出場する桃田賢斗(NTT東日本)は「守り」をテーマに掲げ「相手のウイニングショットを取ることでプレッシャーを与えられる。優勝を目指して頑張る」と意気込みを語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加