九州新幹線長崎ルートの整備方式を議論している与党検討委員会は19日、2019年度政府予算案の概算要求締め切り前の7月中に「一定の結論を出す」としてきたが、結論は先送りし、「中間取りまとめ」として今後は全線フル規格とミニ新幹線の二者択一で検討を進めることを決めた。

 武雄温泉駅で在来線特急と新幹線を対面で乗り換えるリレー方式を恒久化しない方針も確認した。フリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入は正式に断念した。

 検討委の山本幸三委員長は記者団に対し、「JR九州、佐賀、長崎両県に中間取りまとめを示し、今後の検討への協力を求めたい」と述べた。

★特集 そこが知りたい 九州新幹線長崎ルート

このエントリーをはてなブックマークに追加