西日本豪雨で大きな被害が出た広島県で活動する日本赤十字社佐賀県支部救護班の出発式が18日、唐津市和多田の唐津赤十字病院(志田原哲院長)であった。1班8人が19日から22日まで、現地で診療する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加