第100回全国高校野球選手権記念佐賀大会第9日は18日、佐賀市のみどりの森県営球場で3回戦残り2試合があり、鳥栖と佐賀商が勝ち進んで8強が出そろった。

 鳥栖は高い攻撃力で主導権を握り、神埼清明に12-2で五回コールド勝ち。佐賀商は5番山崎のソロ本塁打で先制して勢いに乗り、第3シードの東明館を9-3で下した。

 19日は試合がなく、第10日は20日、同球場で準々決勝2試合がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加