3回戦・佐賀商-東明館 2回表佐賀商無死、5番山﨑陸(左)が右翼席へ先制本塁打を放つ=みどりの森県営球場

 快音を響かせ、沈黙を破った。二回、佐賀商の先頭5番山崎陸が値千金の先制本塁打。一気に流れを引き寄せ、勢いそのままに第3シードの東明館を撃破した。

 ボール先行でカウント3-1となったが、四球を選ぶつもりはなかった。「出塁して後につなぐ」。真ん中の直球を鋭く振り抜くと、打球はぐんぐん伸びて右翼席に飛び込んだ。

 三回の第2打席は右フェンス直撃の三塁打で2点を挙げ、中軸として存在感を示した。

 チームはこの日、打線がつながり、長打7本を含む11安打で9得点。派手さも目立ったが、森田剛史監督は「とにかく出塁。そこから勝機を見いだす」と、つなぐ野球を掲げる。

 出塁すれば機動力を生かして得点圏まで進める。当たっていた山崎も第4打席は送りバントに徹した。「みんなでつなぐ意識を持っていたので抵抗はなかった」と山崎。この日、チームの犠打と犠飛は計8本。スクイズも2度決めた。

 山崎は「一つヤマを越えられたので、この勢いのまま次に挑む」と鳥栖戦へ照準を合わせた。

このエントリーをはてなブックマークに追加