全日空は17日、ボーイング787に搭載している英ロールスロイス製エンジンの点検に伴う8月の欠航が、378便になると発表した。エンジンのリースなどの対策を取り、欠航便数は619便だった7月より縮小した。今月6日からの欠航便数は計997便。

 提携するソラシドエア(宮崎市)とスターフライヤー(北九州市)に依頼し、226便の臨時便運航も決まった。帰省ラッシュで振り替えが難しいお盆期間(8月10~19日)の欠航は、1日当たり6~11便にとどめた。

 8月の欠航は羽田空港と、福岡や関西など国内6空港を結ぶ便で、約4万4千人に影響する。旅客便とは別に、羽田空港と佐賀、新千歳の両空港を結ぶ貨物便各40便の欠航も決めた。

 佐賀空港と羽田空港を結ぶ夜間貨物便は週5往復で運航しているが、7月24日から8月31日までの欠航が決まった。全日空側は運送会社など取引先に説明して影響を最小限にするよう取り組んでいるといい、佐賀県空港課の担当者は「今後の影響を注視していく。佐賀空港発着の旅客便は通常通り運航する」と話す。

 欠航は9月も続く見通しで、8月末に発表予定の冬ダイヤ(10月末~来年3月末)も見直す。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加