佐賀県人事委員会は17日、社会人経験者やUJIターン希望者を対象とする県職員採用試験の申し込み受け付けを始めた。多彩な経験で培った企画力やコスト意識などを県政に生かしてもらう。

 社会人経験枠(行政)は、青年海外協力隊や地域おこし協力隊、民間企業、NPOなど幅広い分野での人材を想定している。対象は1979年4月2日以降に生まれた人で、書類選考を経て2次試験で面接と論文、最終試験ではプレゼンテーション試験も課す。採用予定は3人程度。

 UJIターン枠(行政)は10人程度を予定し、面接と論文を実施する。1959年4月2日以降に生まれた人が対象で、県外に本店を置く民間企業などで5年以上の勤務経験といった条件がある。

 申し込み受け付けは県の電子申請サービスからのみで、8月17日午後5時締め切り。11月下旬に最終合格者を発表する。問い合わせは人事委員会事務局、電話0952(25)7295。

このエントリーをはてなブックマークに追加