厳しい暑さの中、皇居前で色とりどりの傘を差して歩く外国人観光客ら=17日午後、東京都千代田区

 日本列島は17日も各地で猛暑に見舞われ、岐阜県揖斐川町で最高気温38・9度を記録し、埼玉、岐阜、愛知、三重、奈良の5県で6人が死亡した。この暑さは、14~16日の3連休のころから東日本から西日本にかけての広い範囲が2層の高気圧に覆われているためだ。共同通信の集計では3連休中に5千人を超える人が熱中症とみられる症状で救急搬送され、14人が死亡している。厳しい暑さは当面続く見通しで注意が必要だ。

 気象庁によると、上空の偏西風が平年よりも北極寄りのコースをとっており、太平洋高気圧が勢力を強め、上空5千メートル付近で日本列島を広く覆っている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加