第100回全国高校野球選手権記念佐賀大会第7日は16日、佐賀市のみどりの森県営球場で3回戦3試合があり、第1シードの佐賀学園、唐津商、鳥栖商が準々決勝に進んだ。

 佐賀学園は山下、池田の継投で佐賀西との接戦を3-2で制した。唐津商は主戦伊藤が北陵打線を1安打に抑え、7-0で七回コールド勝ち。鳥栖商は延長十一回、9番石橋の左越え打で伊万里商との乱打戦に終止符を打ち、13-12でサヨナラ勝ちした。

 第8日は17日、同球場で3回戦3試合がある。

★速報など高校野球特集はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加