3回戦・北陵-唐津商 北陵打線を完封した唐津商の伊藤諒成=みどりの森県営球場

 唐津商の主戦伊藤諒成が北陵打線を完封した。「崩れないように要所で締めることを考えた」と伊藤。内外に投げ分けて的を絞らせず、1安打しか許さなかった。

 立ち上がりから順調と思っていたが、三回、先頭打者に死球出塁を許した。「気の緩みがあったのかもしれない」と引き締め直し、三者連続三振でこの回を終えた。

 前日の練習で球を受けた捕手の土井克也は、球威が落ちていると感じ、少し心配したが、制球は申し分なかった。「調子が良い部分を生かして打ち取ろう」。2人で話し合い、プラン通りの配球で勝利につなげた。

 「調子の良しあしはあるが、次も勝ちにつながる投球をする」と伊藤。4強進出に全力を尽くす。

 北陵・吉武尚人(五回途中まで投げて4失点)甘い球を全部持っていかれた。犠打を決めることができなかったのも含めて自分の力不足。

このエントリーをはてなブックマークに追加