3回戦・佐賀西-佐賀学園 6回表佐賀西1死二塁、4番山本晃誠が左越え適時二塁打を放つ=みどりの森県営球場

 ゲームセットの瞬間まで佐賀西の選手たちは声を張り上げ、諦めない姿勢を貫き通した。昨秋優勝で第1シードの佐賀学園を追い詰めたが、8強にはあと一歩届かなかった。

 2回戦をコールド勝ちして山田和人監督が掲げる「打ち勝つ野球」を体現したナインは、持ち味を存分に発揮した。2点を追う六回。2番副島篤哉と4番山本晃誠の目の覚めるような二塁打で1点差とすると、続く5番光武寛太の適時打で同点に。強打が売りの佐賀学園とがっぷり四つに組み合った。

 打線の活躍に導かれるように主戦永岩優一も粘投した。3試合連続の先発でこの日は守備が4失策と乱れたが、「これまで仲間に何度も助けてもらった」と永岩。「自分が踏ん張る番」と渾身(こんしん)の投球で相手打線を押さえつけたが、最後に痛恨の勝ち越し点を許した。

 試合後、「エースがエースらしく、4番が4番らしい仕事をするチームだった」と振り返った山田監督。主戦永岩と4番山本は「全力でやり切った」と声をそろえ、ともに涙は見せずに堂々と胸を張って球場を後にした。

 佐賀学園・池田大夢(六回途中から救援し無失点の好投)緊張していたので楽しむことを意識した。最速の球も出て、次に向けて弾みになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加