両チーム合わせて38安打が乱れ飛び、延長十一回までもつれた激しい競り合いを鳥栖商が制した。今大会初の3時間超えの戦いに終止符を打ったのは、五回途中から救援登板した石橋拓也の一打だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加