維新期にまつわる歌とダンスを披露した土佐おもてなし海援隊=佐賀市の幕末維新記念館

 「平成の薩長土肥連合」で佐賀と連携する高知県をPRするイベント「高知県の日」が15、16日、佐賀市の幕末維新記念館の会場内であった。高知県の観光PR隊「土佐おもてなし海援隊」が維新期を歌った曲とダンスを披露した。

 ステージでは坂本龍馬やジョン万次郎ら土佐おもてなし海援隊6人がダンスショーを披露し、観客は手拍子を取りながら盛り上がった。高知の特産品である四万十鳥の焼き鳥や苺氷が並び、子どもたちがおいしそうに頬張っていた。南川副小1年の江頭凜さん(7)は「(記念館は)いつも遊びに来る場所。歌とダンスが楽しかった」と笑顔を見せた。

 高知県では今年4月に改修した坂本龍馬記念館をはじめ、来年1月31日まで幕末維新博が開かれる。龍馬らの写真や手紙が並ぶ巡回展など幅広い企画も楽しめる。

このエントリーをはてなブックマークに追加