包括連携協定を締結した後藤学長(右)と中冨会頭=鳥栖商工会議所(提供写真)

 九州龍谷短大(鳥栖市村田町)と鳥栖商工会議所はこのほど、包括連携協定を結んだ。

 同会議所であった調印式には、後藤明信(みょうしん)学長と中冨舒行(のぶゆき)会頭が出席。後藤学長は「鳥栖市唯一の高等教育機関として役割を認識し、地元出身の人材を育成しお返しすることで、地域活性化に貢献したい」とあいさつ。中冨会頭は「協定を結んだこの機会に、地域産業と短大との接点を見つけて連携していきたい」と述べた。

 協定は、地域振興への取り組みや地域で活躍する人材育成などについて、連携協力する内容。短大では本年度から人間コミュニティ学科映像・放送コースの学生が市内企業のPR動画などの企画提案を授業で行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加