早稲田大学の取り組みを紹介する地域交流フォーラムが15日、佐賀市で開かれた。鎌田薫総長が講演し、大学が進める教育改革や、多様な人材確保を目的とした地方出身学生の支援策などを説明した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加