岡山県倉敷市は16日、西日本豪雨で断水していた同市真備町地区の約1300戸で水道水が飲めるようになったと発表した。豪雨被害後、同地区で水道水が飲用できるようになったのは初めて。

このエントリーをはてなブックマークに追加