第38回国体九州ブロック大会は15日、鹿児島県鹿屋市の輝北ダム特設ボートコースなどであり、佐賀県勢はボート成年女子シングルスカルの下尾裕子(まいづる百貨店)とダブルスカルの佐賀県選抜が優勝するなど5種目で本国体出場を決めた。

 山岳少年男子の靏本直生・梶晃悠組(多久高)と同少年女子の樋口結花・渡島夏希組(多久高・佐賀北高)は総合1位で本国体の代表権を獲得。ボウリング少年女子の笠原裕奈・中島望結(小城中・鹿島東部中)も総合2位で本国体への切符を獲得した。

 

 ▽ボート

 ◇最終日

 【成年男子】シングルスカル決勝 (2)三浦友之(佐賀県選抜)3分45秒37=本国体出場▽舵手付きフォア決勝 (5)佐賀県選抜3分37秒77

 【成年女子】シングルスカル決勝 (1)下尾裕子(まいづる百貨店)4分18秒97=本国体出場▽ダブルスカル決勝 (1)佐賀県選抜3分40秒66=本国体出場

 【少年男子】ダブルスカル決勝 (2)唐津ジュニアRC3分32秒30=本国体出場

 【少年女子】舵手付きクォドルプル決勝 (2)唐津ジュニアRC3分50秒23=本

国体出場

 

 ▽山岳

 ◇最終日

 【成年女子】リード (7)佐賀(渡島奈緒、堤千枝美)

 ▽総合順位 (7)佐賀

 【少年男子】リード (1)佐賀(靏本直生、梶晃悠)

 ▽総合順位 (1)佐賀=本国体出場

 【少年女子】リード (1)佐賀(樋口結花、渡島夏希)

 ▽総合順位 (1)佐賀=本国体出場

 

 ▽ボウリング

 ◇最終日

 【成年男子】団体 (8)佐賀6点▽2人チーム戦 (9)佐賀B(新居輝喜・久保信行)2434点(15)佐賀A(伊藤耕一郎・北古賀孝夫)2357点▽4人チーム戦 (7)佐賀(伊藤耕一郎・北古賀孝夫・新居輝喜・久保信行)2349点

 【成年女子】団体 (8)佐賀12点▽2人チーム戦 (6)佐賀A(鈴木恵・三原町子)2308点(16)佐賀B(谷栞里・下村由香)1760点▽4人チーム戦 (8)佐賀(鈴木恵・谷栞里・下村由香・三原町子)1850点

 【少年男子】団体 (8)佐賀3点▽団体戦 (8)佐賀(近藤佑磨・山口嘉輝)2098点

 【少年女子】団体 (2)佐賀28点=本国体出場▽団体戦 (3)佐賀(笠原裕奈・中島望結)2321点

このエントリーをはてなブックマークに追加