本を受け取る園児代表の子どもたち=鳥栖市のあいりす保育園

 本を通して夢と知識を贈る運動をしている「ミキプルーン文庫」の贈呈式が10日、鳥栖市田代本町のあいりす保育園(西田彰夫園長、62人)であり、10万円相当の図鑑や絵本などが贈られた。同文庫から県内への寄贈は初めて。

 三基商事九州エリアマネジャーで同文庫の渡辺俊也さんが「たくさんの本から刺激を受けて立派な大人になって」と目録を贈った。園児の轟日向(ひなた)ちゃん、東紅羽(くれは)ちゃん、田中奈渚(なな)ちゃんが「たくさん本をいただき、ありがとうございます」と大きな声でお礼を述べ、みんなで「たなばたさま」を歌って感謝を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加