最優秀選手の「ゴールデンボール賞」を受賞したクロアチアのモドリッチ(左)と、「ヤングプレーヤー賞」を受賞したフランスのエムバペ=モスクワ(共同)

 【モスクワ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は15日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の表彰選手を発表し、最優秀選手の「ゴールデンボール賞」にクロアチアのモドリッチを選んだ。主将として7試合全てに出場し、2点を挙げて初の準優勝に貢献した。

 6ゴールを挙げたイングランドのケーンが得点王に輝き「ゴールデンブーツ賞」を獲得。最優秀GKの「ゴールデングローブ賞」には3位のベルギーで全7試合にフル出場したクルトワが選出された。1997年以降に生まれた若手で最も活躍した選手に贈られる「ヤングプレーヤー賞」には4点をマークしたフランスの19歳、エムバペが選ばれた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加