2回戦・唐津工-三養基 2回裏三養基1死三塁、1番古賀樹希哉の右飛でタッチをかいくぐり生還する三走長薫平。捕手姉川千起=みどりの森県営球場

▽2回戦(みどりの森県営球場)
唐津工0006010119
三養基2100000014

▽二塁打 上田(唐)

 【評】四回に一挙6点を奪って逆転した唐津工が粘る三養基を振り切った。
 唐津工は0-3で迎えた四回、先頭の3番楠田が中前打で出塁。1死二、三塁から敵失に乗じて2点を返した。さらに2死満塁とし、1番鈴木、2番上田の連続適時打で4点を奪って逆転。その後も小刻みに加点した。
 三養基は初回、4番田中雄と7番石丸の適時打で2点を先制したが、唐津工の反撃を食い止められなかった。

唐津工9―4三養基

  唐津工打安点
(8) 鈴 木511
(7) 上 田524
(9) 楠 田220
(3) 岡 部200
(2) 姉 川100
    H 磯 口000
  2 池 田310
(6)  鶴 431
(1) 岩 本100
  1 本 村200
(5) 松尾将200
(4) 常 住200
    計 2996
 振球犠盗失併残
 412643111

  三養基打安点
(8) 古 賀302
(6) 木 下410
(7) 下 田410
(3) 田中雄411
(9) 近 藤310
(5) 槙 幸300
(2) 石 丸411
(4)  長 210
  4 島之江100
  H 満 尾100
(1) 田中慎100
  1 美 根100
  H 小 森100
    計 3264

 振球犠盗失併残
 9521518
投 手回 安振球
岩 本4 423
本 村5 272
……………………
田中慎32/3404
美 根51/3548

このエントリーをはてなブックマークに追加