2回戦・神埼清明-致遠館 7回表神埼清明1死一、二塁、5番徳吉祐人が左越え二塁打を放ち、拳を突き上げる=みどりの森県営球場

▽2回戦(みどりの森県営球場)
神埼清明1011102006
致遠館0002000002

▽本塁打 毛利(致)
▽三塁打 岡(神)▽二塁打 徳吉(神)

【評】神埼清明が好機を確実に生かし、致遠館を退けた。
 神埼清明は初回、三者連続四球で無死満塁とし、4番高橋の遊ゴロの間に1点を先制した。4-2で迎えた七回は高橋の左前打などで1死一、二塁とし、5番徳吉の左越え二塁打で1点を追加。さらに1死二、三塁から6番大塚の犠飛で1点を奪いダメを押した。
 致遠館は四回に2点を返したが、その後は打線がつながらなかった。

 神埼清明打安点
(3)  岡 311
(9) 中 島411
(4) 金 丸100
(7) 高 橋521
(8) 徳 吉411
(2) 大 塚301
(5) 山 本300
(1) 小 野300
(6) 石 松310
    計 2965
 振球犠盗失併残
 21010017

  致遠館打安点
(3) 田 島100
(5) 荒 木310
(8) 山 崎400
(4) 毛 利421
(6) 八 谷420
(9) 松 本300
  H 高 重100
(2) 伊 東421
(1) 岩 渕410
  R 馬 渡000
(7) 生 三200
  H 島 崎100
  7 秋 月100
    計 3282
 振球犠盗失併残
 7310327
投 手回 安振球
小 野9 873
……………………
岩 渕9 6210

このエントリーをはてなブックマークに追加