故障克服、近藤悔しさも 会心の一打も勝利にはつながらなかった。初回、2死満塁の先制機。唐津東の6番近藤亮太が振り抜いた打球は大きく弧を描き、左翼席に飛び込んだ。「まさか自分が打てるなんて」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加