3点を追う四回、致遠館の主将・毛利元紀が放った打球は、前進守備の中堅手の頭上を越えた。必死に走って一気に本塁へ。ランニング本塁打となり、チームに勢いを与えたが、逆転することはできなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加