けがから復帰した「切り込み役」が逆転勝利の流れをつくった。唐津工は1番鈴木誠也が四回にしぶとく同点打。5月に右足のけがで離脱し、1カ月前から練習に戻ったが、持ち前の粘り強さを発揮した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加