佐賀県共同募金会は13日、西日本豪雨で多数の死者や家屋の倒壊が発生した地域への義援金の受け付けを始めた。

 県共同募金会が窓口となり、「平成30年7月豪雨災害義援金」として、特に被害が大きかった広島、岡山、岐阜、愛媛、京都の1府4県の募金会に送る。指定が無い場合は中央共同募金会へ送られる。期間は中央共同募金会が9月28日までで、他はそれぞれ異なる。

 佐賀市鬼丸の事務局(県社会福祉会館内)や各市町の社会福祉協議会にある支会に直接持参するか、佐賀銀行の指定口座(県庁支店、普通102092、社会福祉法人佐賀県共同募金会)で受け付ける。銀行で申し出て、18日から利用できる専用振込票を使えば手数料は無料。

 救援物資は受け付けない。問い合わせは県共同募金会、電話0952(23)4996。

このエントリーをはてなブックマークに追加