全九州高校体育大会は14日、熊本市総合屋内プールなどで競泳とソフトテニスがあった。佐賀県勢は競泳男子400メートル個人メドレーの松田龍(佐賀学園)が4分22秒55の大会新で優勝。松田のほか、50メートル自由形の大森涼奨(唐津商)、400メートルメドレーリレーの佐賀商が全国総体の参加基準記録を突破した。ソフトテニスは出場した4チームが初戦敗退した。

 

=競泳=

 ◇第1日=県勢の上位成績

 【男子】50メートル自由形 (3)大森涼奨(唐津商)24秒06▽400メートル個人メドレー (1)松田龍(佐賀学園)4分22秒55=大会新▽400メートルメドレーリレー (4)佐賀商(高尾虎汰、居石錬成、原田恒成、鶴木龍二)3分54秒92

 【女子】400メートルメドレーリレー (5)佐賀商(末廣真生、宮崎彩子、末永紗也佳、廣橋風佳)4分29秒76(6)佐賀学園(高本彩未、貞木杏子、山口遼、藤井みなみ)4分29秒88

 

=ソフトテニス=

 【男子】団体1回戦 鹿児島商3-0唐津東、大牟田(福岡)3-0塩田工・嬉野

 【女子】団体1回戦 指宿商(鹿児島)3-0清和、熊本中央2-1嬉野

このエントリーをはてなブックマークに追加