第100回全国高校野球選手権記念佐賀大会第5日は14日、佐賀市のみどりの森県営球場で2回戦3試合があり、唐津工、神埼清明、鳥栖が3回戦に進んだ。

 唐津工は三養基に先制を許したが、9-4で逆転勝ち。神埼清明は得点機を逃さず、致遠館を6-2で下した。昨夏準優勝の鳥栖は16安打と打線が爆発し、11-5で唐津東を退けた。

 第6日は15日、同球場で2回戦残り2試合があり、16強が出そろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加