西日本豪雨で土砂崩れなどの被害が発生した三養基郡基山町は、災害ボランティアセンターを設置した。佐賀県内でのセンター設置は9年ぶり。2日間で延べ80人が集まり、家屋から土砂をかき出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加