西日本豪雨で被災し、多数の死者や行方不明者が出ている広島県に向け、佐賀県警広域緊急援助隊警備部隊が13日、出発した。派遣期間は17日までで、隊員ら24人が現地で被災者の救出や捜索活動に当たる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加