柳家さん喬

【14日の催し】

 恐竜展3 ジュラ紀-大型恐竜や始祖鳥が出現した時代-(9月2日まで、武雄市武雄町の県立宇宙科学館)◆明治150年 小城市歴史資料館テーマ展「小城藩の長崎警備」展示案内(小城市小城町の小城市歴史資料館)◆第164回歴史館ゼミナール「幕末佐賀藩の人づくりと近代日本」(佐賀市城内の佐賀城本丸歴史館)◆みつせ高原キャンペーン(12月31日まで、佐賀市三瀬村周辺)

【巡回車】(15日)

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時半=吉野ヶ里町・三田川健康福祉センターふれあい館

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【LIVE】

 ◆熊本地震復興支援 清和文楽公演inフレスポ

 (16日12、15時、鳥栖市本鳥栖町のフレスポ鳥栖)熊本県重要無形文化財の人形浄瑠璃を受け継ぐ「清和文楽館」のオリジナル作「雪おんな」のミニ公演。無料。フレスポ鳥栖、電話0942(84)2100。

 ◆温誠堂落語会

 (29日15時、唐津市南城内の大手口センタービル多目的ホール)落語界の重鎮で、昨年紫綬褒章を受章した柳家さん喬(きょう)=写真=を迎え、古典の人情噺や滑稽(こっけい)噺に高い定評がある江戸弁の艶やかな世界を楽しむ。若手の三遊亭天どんも出演。全席自由、前売り3500円。白井整骨院(唐津市呉服町)、電話0955(75)3031。

【イベント】

 ◆もちより販売ふれあい交流会

 (16日9時~14時半、武雄市の西川登小横のかんころの家)地域の人たちが農作物や焼き物や工芸品などの物産を販売する。冷やしうどんなどの食堂、金魚すくい、自作ピザコーナーなどもある。販売品は、わらじや草履、さしみこんにゃく、干ししいたけ、苗木、山野草、弓野人形などのほか、唐津の松島のウニやワカメなどの海産物も。

 ◆唐津のガラス工房ムローメの夏企画展

(19日~8月12日10時半~18時、唐津市町田のムローメアートショールーム)フュージョンガラス作家久保田トシ子さんと彫金作家中嶋朋子さんによる、器やオブジェ、銀とガラスを組み合わせたアートジュエリーなど約100点。問い合わせは中谷さん、電話0955(74)4789。

【展覧会】

 ◆幕末の佐賀と学問

 (8月9日まで、佐賀大学美術館)佐賀大学地域学歴史文化研究センターと佐賀大学美術館が共同で、幕末から明治の学問教育の資料を展示。全国、佐賀藩、小城藩の3つの視点から当時の教育を振り返る。入場無料。22日は同センター講師の三ツ松誠さんと研究員の吉岡誠也さんが幕末学問について講演する。問い合わせは電話0952(28)8333。

 ◆明治150年 小城市歴史資料館テーマ展「小城藩の長崎警備」 展示案内

 (14日11、13時、小城市歴史資料館)15分程度文化課職員が展示解説を行う。同展示会は4月25日に始まり、7月29日まで開催される。問い合わせは電話、0952(71)1132。

 ◆梶原靖元作陶展

 (14~18日10~18時、有田町のギャラリー土の器 松永陶園)。唐津焼の作家が、清涼瓷、黒唐津、粉引唐津などの茶わん、酒器、花入れ、皿約100点を並べる。14~16日は作家来場。電話0955(42)4047。

 ◆恐竜展3 ジュラ紀~大型恐竜や始祖鳥が出現した時代~

 (14日~9月2日、武雄市の県立宇宙科学館)大好評の恐竜展第3弾はジュラ紀の恐竜を代表するアロサウルス、ディプロドクス、ステゴサウルス、始祖鳥などの化石。問い合わせは電話0954(20)1666。

 ◆七夕書展

 (16~22日10時~16時、鳥栖市布津原町の市立図書館)現美書芸院鳥栖支部の会員約50人と子どもたちの作品100点以上を展示。無料。17日休館。横田玉鳳さん、電話0942(82)2383。

 ◆堤正博・侑子 油絵展

 (17~22日、高伝寺前村岡屋ギャラリー)佐賀市の元小学校教諭・堤正博さん、侑子さんの初夫婦展。日展会友、日洋会評議員の画家、田中一利氏に師事し描き上げたヨーロッパ、九州各地の風景画を中心に約30点。問い合わせは電話0952(51)3021。

 ◆第32回工芸美術知新会展

 (17~29日、唐津市近代図書館美術ホール)知新会の会員と一般公募の入選作品(陶磁器、染色など)約50点。問い合わせは電話0955(72)3467。

 ◆中尾和紀-空蝉の音

 (17~29日、佐賀市の画廊憩ひ)佐賀大学の特設美術科を卒業し、絵画やオブジェを創作してきた佐賀市の画家、中尾和紀さんのアクリル絵画など。問い合わせは電話0952(23)2353。

 ◆重水雅彦硝子彫刻展

 (18~23日、佐賀市の佐賀玉屋 本館6階ギャラリー)砂を高圧空気で吹き付けて彫る「サンドブラスト」技法によるガラス彫刻作品を約70点。問い合わせは電話0952(24)1151。

 ◆第62回二科会佐賀支部絵画部展

 (18~22日、佐賀県立美術館 展示室2号)会員や同人による具象から抽象。問い合わせは電話0952(24)3947。

 ◆明治維新150年記念企画展「高橋是清と辰野金吾~唐津藩洋学校耐恒寮をめぐる人々~」

 (20日~8月31日、唐津市鎮西町の県立名護屋城博物館)明治維新を契機に社会の近代化が積極的に進められるなか、唐津では1871(明治4)年に洋学校「耐恒寮」が開設され、藩士の子弟に英語教育や洋式教練が行われた。明治維新150年を機に開催する本展覧会では、高橋是清や辰野金吾をはじめとする耐恒寮出身者ゆかりの品々を一堂に紹介。無料。問い合わせは電話0955(82)4905。

このエントリーをはてなブックマークに追加