西日本豪雨で被災した農地や農業用施設の状況を把握するため、国の緊急派遣隊が12日、佐賀、福岡の両県で緊急の現地調査をした。のり面崩落の原因などを調べるとともに、二次災害防止対策を検討した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加