同点で迎えた八回裏、北陵から2死を奪ったが満塁に。鹿島実の主戦井手隆永は、スコアボードの方向を振り返り深呼吸した。4番打者に投じた球は高めに浮き、三塁打に。その後も連打を浴びた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加