国内で初めて純国産のアスタキサンチンを使って開発された商品=佐賀市のアルビ―タ

 藻類の培養を行っている佐賀市の合弁会社「アルビータ」(中西元社長)が、自社で培養した微細藻類から抽出した有用成分「アスタキサンチン」を使用した化粧品や健康商品を開発した。純国産のアスタキサンチンを使った化粧品などが開発されるのは日本で初めて。

 開発されたのは、ハンドクリームとボディクリーム、サプリメントの3種類。商品名は「Sila」で、「Saga Incubates Local Algae」(佐賀で培養された藻類)の頭文字を取っている。今回の商品は肌や体内の酸化を抑える効果があり、同社の担当者は「肌触りや見た目を重視した。ぜひ手に取ってほしい」と話す。

 アルビータは2014年に佐賀市と協定を結び、市清掃工場から出る二酸化炭素(CO2)を購入。購入したCO2を微細藻類ヘマトコッカスの培養に使用し、アスタキサンチンを抽出している。2016年10月に培養工場が開所、機械の不具合などがあり、現在までフル稼働には至っていないが、培養期間の短縮のため、早期のフル稼働を目指している。

 今月から同社での販売を始めており、インターネットでの販売も開始する。購入は同社特設サイト(http://www.sila.jp/)まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加