八坂神社祇園祭実行委員会のみなさん

 白石町秀津地区に鎮座する八坂神社では、毎年7月13日に祇園祭が行われます。佐賀藩初代藩主鍋島勝茂公の時代に始まったこの祭りは、今年で378年という長い歴史があります。7月1日には祭りの事始めとして、神社の掃除と神事が行われ、山笠のモデルになる人物が鍋島直正公に決まりました。

 祭りの準備は秀津地区と栄町の当番制となっています。実行委員長の秀津1区江口昇さん(63)は「昔と比べると祭りに関わる人が少なくなっているが、近隣住民の協力を得て続けている」と話されました。

 商店街には露天が並び、浮立が奉納され、山笠が運行します。ぜひお出掛けください。(地域レポーター・武富由美=江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加