脳性まひの影響で左肘より先がほとんど動かない中、懸命に練習を重ねてきた神埼清明の小川恭平が堂々と始球式を務めた。ストライクゾーンにはいかなかったが、「思い切り投げられた」と汗をぬぐった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加