コープさが生活協同組合(桑原廣子会長)は11日、県ユニセフ協会(会長・中尾清一郎佐賀新聞社社長)に、死亡率が高い東ティモールの新生児と妊産婦支援と、ロヒンギャ難民支援を目的とする浄財合計79万699…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加