芦刈の郷土史について講演する岡本澄雄さん

 関西在住の小城市芦刈町出身者でつくる関西むつごろう会(田中善吾会長)の総会が8日、大阪市内であった。約60人が出席し、互いの近況を確かめ合いながら親睦を深めた。

 総会では田中会長が「大阪北部地震、豪雨と大変な中での参加に感謝します。あらためてふるさとを思い、芦刈をエンジョイしてください」とあいさつした。

 地元から参加した中島正之市議会議長が有明海沿岸道路や芦刈町民運動会などの近況を報告。小城郷土史研究会の岡本澄雄副会長による講演もあり、参加者は懐かしい郷土の歴史話に熱心に耳を傾けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加