ペイントしたパワーショベルと326さん

パワーショベルにペイントする326さん

 県立博物館で25日から開かれる特別展「すごいぞ!ボクの土木展」に向け、佐賀出身のイラストレーター・326さんがパワーショベルをカラフルにペイントするプロジェクトを進めている。初日のオープニングイベントでライブペイントにより完成させる。

 作品名は「しゃべるのホルホル」。今月7日から、足場も利用しながら、パワーショベルのアーム部分にキリンのような網目模様を描くなど作業を進めている。初日のライブペイントではさらにイラストを描き加える。

 特別展は肥前さが幕末維新博の一環で、佐賀にゆかりのあるクリエーターによる体験型作品を展示する。326さんは26、27日にも、子どもたちと一緒に大きなパネルに塗り絵をするお絵かきワークショップを開き、完成した作品は館内に展示する予定。そのほか、イラストレーター・ミヤザキケンスケさんと段ボールの石垣を積むワークショップや、鳥栖キッズミュージカルSAGAによる作業着ファッションショーなどもある。

 特別展は9月2日まで。入館料・観覧料は無料。

このエントリーをはてなブックマークに追加