1回戦・唐津青翔-唐津商 4回裏唐津商1死満塁、5番吉川康平が中前適時打を放ち、7-2とする=みどりの森県営球場

 2年ぶりの甲子園を目指す唐津商が好発進した。開幕戦でスタンドからライバルたちが見つめていたこともあり、「攻撃の仕方を変えた」と吉冨俊一監督。NHK杯から大幅に打線を変え、9盗塁と足も使って着実に得点を重ねた。

 開会式直後の緊張感が漂う中、唐津青翔に2点を先制され、「早く点を取り返したかった」と5番吉川康平。一回裏、盗塁を絡めて4番坂本勇人の適時打で1点を返し、即座に坂本も二盗。吉川の左方向の当たりが敵失を誘い、同点に追い付いた。吉川はその後2安打3打点の活躍を見せた。

 次戦は春の県大会3回戦で点の取り合いとなり、8-4で下した多久。土井克也主将は「打ってくるチーム。自分たちから崩れることなく、最少失点に抑えたい」と気を引き締めた。

★イニング速報はこちら
 

このエントリーをはてなブックマークに追加