JR九州バス(本社・福岡市、植弘靖彦社長)は1日から、佐賀県内で増加する外国人旅行客への対応策として、手のひらサイズの双方向通訳機を使った多言語対応の対話サービスを開始した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加