全国高校野球佐賀大会の始球式で、力投する厳木高1年の吉木日彩=みどりの森県営球場=佐賀市のみどりの森県営球場

  始球式は厳木1年の吉木日彩が務めた。振りかぶって投げたボールはノーバウンドで捕手のミットに収まり、笑顔でマウンドを降りた。

 吉木は佐賀県内で唯一の女子部員で、野球は4月に始めたばかり。中学時代にプロ野球を見たり友人と遊びで野球をしたりして興味を持った。

 大役を果たし、「緊張してストライクゾーンには入らなかったけど、終わってほっとした」と語った。大会には記録員としてベンチに入る。

このエントリーをはてなブックマークに追加