佐賀市中心部の再開発ビル「エスプラッツ」を運営してきた第三セクター「まちづくり佐賀」が自己破産した。負債総額は約16億円。公金を投じた中心市街地活性化事業は、ビル開業から3年で破綻した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加