日本新聞協会は10日、学校の授業など教育現場で新聞を活用する「NIE」(教育に新聞を)の2018年度実践指定校544校を発表した。佐賀県内では五町田小学校(嬉野市)と鳥栖商業高校(鳥栖市)が新規に指定され、3校が継続になった。

 県内の継続校は砥川小(小城市)と城北中(佐賀市)、佐志中(唐津市)。

 全国の内訳は小学校205校、中学校198校、高校118校、小中連携6校、中高連携8校、特別支援学校9校。18年度からの新規指定校は227校で、317校は継続校となる。

 授業などで新聞を活用してもらうため、協会と各新聞社は購読料を補助する。実践期間は原則2年間。

 協会とは別に、17都道県のNIE推進協議会が独自に小中高校など72校を認定し、県内では東川登小(武雄市)が対象になった。

 今年のNIE全国大会は7月26、27日に盛岡市で開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加