「桐岡なす」は多久市多久町桐岡地区で昔から受け継がれてきた伝統野菜です。一般的なナスと比べて大きさが2~3倍(400グラム程度)もあり、ずんぐりとした、ラグビーボールのような独特の形をしています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加