ラグビー7人制のワールドカップ日本代表に選出された副島亀里ララボウラティアナラ(コカ・コーラレッドスパークス)と堤ほの花(日本体育大)=8日、東京都

 日本ラグビー協会は8日、米サンフランシスコで20~22日に行われる7人制ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表の男女各13人を発表した。

 男子の小沢大主将(トヨタ自動車)や松井千士(サントリー)、女子の中村知春主将や大黒田裕芽(ともにアルカス熊谷)らが選ばれた。最終登録メンバー12人は渡米後に決定する。

 男女とも初の8強入りが目標。2016年リオデジャネイロ五輪4位の男子を率いる岩渕健輔ヘッドコーチは「リオ五輪後の強化は必ずしも順調ではなかったが、20年東京五輪は(メダル獲得の)高い目標を掲げている。いい結果を持ち帰りたい」と述べた。女子の中村は「世界レベルの大会を経験してきたメンバー。目標達成に向けて全力で戦う」と意気込んだ。

 佐賀県関係ではリオ五輪で活躍した男子の副島亀里ララボウラティアナラ(コカ・コーラレッドスパークス)と女子の堤ほの花(佐賀工高-日本体育大)が選ばれた。副島は「日本代表が東京五輪で成績を残すことができるか、一つの指標となる大会。良いパフォーマンスを見せたい」と話し、堤も「W杯という舞台に立てることに感謝し、初戦から200%の力を出し切る」と抱負を話した。

 男子は24チームが出場し、日本は1回戦でウルグアイと対戦。女子は16チームで争い、日本は初戦でフランスと当たる。

このエントリーをはてなブックマークに追加