厳木バイパスののり面が崩落し、隣接する「道の駅厳木」の駐車場に土砂などが流れ込んだ現場を視察した山口知事(右から2人目)=唐津市厳木町

 記録的な大雨で佐賀県内の各地に被害が広がったことを受けて、山口祥義知事が9日、被害のあった地域を視察して回った。

 山口知事はまず、唐津市厳木町の「道の駅厳木」を視察。厳木バイパス牧瀬インターチェンジ(IC)ののり面が崩れ、駐車場に土砂などが流れ込んだ現場の状況を確認した。

 佐賀国道事務所の山田隆則所長が、朝からのり面を覆っていたブルーシートを取って、土砂やがれきの撤去に着手したことを説明。道の駅が10日の営業再開を目指しており、それに合わせて駐車場の復旧や、通行止めになっている厳木バイパスの供用再開に向けた作業を急ぐとした。

 土砂に巻き込まれた車両などを見た山口知事は「道の駅の駐車場で発生したということが信じられなかったが、本当にどこで起きるかわからず、自然の猛威を感じた」と感想。管理主体の区別なく、「県内で起こったことに関して、全力で復旧復興をやっていく」と決意を述べた。

 また、高齢者や障害がある人など「災害弱者」の被害が県内でも出たことについては心を痛めつつ、「原因を調べ、これからしっかり役立てていきたい」と話した。

 この後、唐津市浜玉町のJR筑肥線の脱線現場を訪れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加