バレーボールのユース日本代表に選出された佐賀学園高の糸山大賀=佐賀市の同校体育館

 バレーボール男子のアジア・ユース選手権は6日、イランのタブリーズで決勝があり、日本は韓国を3―1で破り、大会2連覇を果たした。

 佐賀県勢は佐賀学園高のセッター糸山大賀(17)が決勝まで5試合すべてに先発。コンビバレーの起点として優勝に貢献し、ベストセッター賞に輝いた。

 日本は最終成績4勝1敗で上位4チームに与えられる来年の世界ユース選手権の出場権を獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加