佐賀新聞社は、8月5日に佐賀市で開かれる「夏休み子どもサイエンス教室」(学映システム協賛)を取材する子ども記者を募集する。

 サイエンス教室は日ごろ体験できない科学実験を楽しんでもらおうと8月5日、佐賀市兵庫のメートプラザ佐賀で開催。会場で繰り広げられるさまざまな実験の様子やその感想を記事にまとめ、9月3日発行予定の「子ども佐賀新聞夏休み特別号」に掲載する。

 ことしのサイエンス教室は「宇宙を体験しよう」がテーマ。宇宙の電気、プラズマ、宇宙の温度と香りなどを実験で調べる。

 子ども記者は小学4~6年生と中学1、2年生が対象。先着順で4人を募る。当日は午後1時から約1時間取材した後、実験の担当者から詳しい話を聞き、記者のアドバイスを受けながら記事をまとめる。応募は電話とメールで受け付け、後日、詳しい内容を連絡する。7月20日締め切り。問い合わせ、応募は佐賀新聞社編集局メディアコンテンツ部子ども佐賀新聞担当、電話0952(28)2162。メールでの応募は住所、氏名、学校名・学年、電話番号を明記し、kodomo0901@saga-s.co.jpへ。夏休みを利用して自分の知りたいことや調べたいことなどを取材する子ども記者は定員に達し、応募を締め切っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加